アスペクト比とは|CD・DVD・BDプレス用語辞典

03-6380-1040AM10:00-PM7:00(土日祝を除く)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-6-7 2F-C

最速・激安のCDプレス・DVDプレス・BDプレス
1発解決!プレス用語辞典
プレスのことなら何でもお任せください

アスペクト比とは

DVD/BDの映像をオーサリングする際に使用される「アスペクト比」もしくは「アスペクト・レシオ(Aspect Ratio)」とは、画面の長辺と短辺の比率を示す言葉です。

・従来型のテレビ(SDTV)画面は、4:3(1.33:1)。

・ハイビジョン(HDTV)画面は、16:9(1.78:1)。

・パソコンの画面解像度の比率で、640×480・1024×768等。

但し、近年のコンピュータのワイド液晶の多くは16:10(1.6:1)で、画面解像度の例としては、1440×900(WXGA+)、1680×1050(WSXGA+)、1920×1200(WUXGA)等となる。

CD/DVD/BDプレス・コピーHOME

SUB MENU

見積りフォーム

メールでのお問い合わせ

press@copyrights-vision.com

電話番号

03-6380-1040
平日 AM10:00-PM7:00

グッズ製作 音楽配信

フェイスブック ツイッター 名曲紹介ブログ